東京のIT/webフリーエンジニアの求人・案件なら「GEEK JOB フリーランス」

  • 2015.06.03
  • フリーランス

安定した仕事を得るために、フリーランスがエージェントと付き合う方法

エージェント

フリーランスとして活躍する上で欠かせない存在となっているのが、エージェントです。フリーランスが安定して仕事を得るためには、重要な存在です。しかしエージェントとは、どのように付き合っていけばいいのかわからない、また今のエージェントはあまり信用できない、エージェントがいないと仕事が入ってこないのでは?と心配している人も少なくないことでしょう。そこでここではエージェントとうまく付き合うために抑えたいポイントを3つご紹介します。

履歴書作りも助けてくれるエージェントを探す

履歴書にあまり力を入れないという人も少なくありません。でも実は履歴書は、とても大事なものです。その理由としては、優秀なエージェントは履歴書をよく見ているからです。つまり逆に言えば、信用できるエージェントと出会うためには、履歴書を充実させる必要があります。
では、どのような点を重点的に書いていけばいいのでしょうか?自分の履歴書を読む人の立場になって考えてみてください。エージェントやクライアントが求める人材像に沿うような形ですか?また文章構成はまとまってしますか?
信頼できるエージェント、長く付き合いたいエージェントは、履歴書などを改善するためにサポートしてくれます。

レスポンスは早く

ビジネスではレスポンスの早さはとても大事なことです。エージェントもレスポンスが早くなければなりませんが、フリーランスとして働く人もレスポンスは早くなければなりません。仕事のやり取りは、早急に返事をするのがマナーといえます。
エージェントの中には、レスポンスが遅い、レスポンスがないというところもあります。このようなエージェントは注意です。またフリーランスとして働くこちら側もしっかりと、レスポンスを行う必要があります。エージェントの意識の中に、信頼できるフリーランスであるという意識を植え付けることができます。

信頼関係を築くこと

エージェントは単に仕事を紹介してもらうところ、というイメージを持っていませんか?確かにエージェントの仕事の内容はそうです。しかしながら、人間というもの、感情というものがビジネスにも入ってしまいます。
エージェントの側も、自分がどのような位置におかれているかを、感じ取ります。しかし逆に、相手への感情を大事にして、お互いが信頼できる関係にあるのであれば、自然とエージェントもいい仕事はあなたに回してあげたい、という気持ちにもなるものです。エージェントに対しても誠意ある対応することは、フリーランスとして活躍するのには欠かせません。

pagetop