東京のIT/webフリーエンジニアの求人・案件なら「GEEK JOB フリーランス」

  • 2015.05.22
  • フリーランス

賃貸物件を借るために!フリーランスがおさえるべきポイント

賃貸

フリーランスの方で、在宅ワークをするスペースを求めて引越しをしたいけど、家を借りるのは難しいのではないかと不安に感じている方も多いのではないでしょうか。
実際、フリーランスの場合「安定した収入」を証明することが難しいため、家を借りるのが困難だといわれています。しかし、フリーランスでも条件を満たしていれば家を借りことができます。

そこで、今回はフリーランスが家を借りる方法を下記にてご説明させていただきます。

1. フリーランスが家を借りるには賃貸契約と入居審査が必要です。

まず、家を借りるには賃貸契約と入居審査の通過が絶対条件です。よく、賃貸契約と入居審査は同じものだと思われがちですが、若干の違いがありますので、下記にてご説明させていただきます。

賃貸契約と入居審査の違い

基本的に求められる条件が異なります。

賃貸契約は家主が家を貸し、借主が家主に家賃を支払うことを約束する契約

”当事者の一方がある物の使用及び収益を相手方にさせることを約し,相手方がこれに対してその賃料を支払うことを約することによって効力を生ずる契約”
引用 賃貸借契約とは?|不動産問題ネット相談室

つまり、賃貸契約においては「家賃を支払う余力があること」が求められます。この条件を満たしていれば、あなたには家を借りることができるチャンスがあるといえます。

入居審査では、「あなたは家を貸すのに適正な人であるか」を審査します

”大家さんや不動産会社が「この人に部屋を貸してもいいかどうか」を検討・判断するもの”
引用入居審査って何だろう?|athome 

この審査では、あなたに「家賃を支払う余力があること」に加え、賃貸契約を締結するための様々な条件を満たしていることが求められます。この審査に通過すると、賃貸契約の締結に進むことができます。

つまり、仮にあなたに家賃を支払う余力があっても、入居審査に通過しない限り、賃貸契約の締結に進むことはできません。よく、「入居の申し込みはできたのに契約できなかった」という声を聞きますが、それは入居審査の条件に満たしていなかったということなのです。

上記の2つに共通している審査基準は、あなたに「家賃を支払う余力があること」です。そこで、フリーランスが「家賃を支払う余力があること」を証明し、賃貸契約を結ぶ方法をご説明させて頂きます。

2. 賃貸契約を結ぶには「収入証明書」が必要です

フリーランスのあなたに安定した収入があること、つまり家賃を支払う余力があることを証明するものとして、「収入証明書」があります。収入証明書とは、あなたの昨1年間の収入や納税状況を示すものです。これは確定申告をしていないと取得することができないので、必ず不正のない確定申告を行いましょう。この証明書を賃貸契約の際に提出し、あなたに収入があることを証明すれば、契約に進むことができます。

2.1. 代表的な収入証明書は「課税証明書」と「所得税納税証明書」

課税証明書と所得納税証明書

(※1) 住民税の課税額は昨年度の所得を元に毎年6月上旬に決定します。
(※2) 証明する年の1月1日時点の住所地の市役所や区役所など市区町村窓口で発行できます。
郵送の場合は各市区町村のホームページ参照。
(※3) (※4)詳しくは国税庁ホームページよりご確認ください。

2.2. 証明書が用意できない場合は銀行通帳の写しで証明ができる可能性もあります

確定申告の時期以外に引越しを考えているなどの理由で、証明書が用意できない場合は、定期的に入金される報酬を提示する銀行通帳の写しなどが収入証明書として認められる場合があります。

ただし、あなたの貯蓄から「家賃を継続して支払う余力があるか」判断する基準は家主によって様々なので、場合によっては家主と交渉をする必要があります。

参考 入居審査における収入の基準と収入証明書について2014年01月21日(火)|賃貸百貨

3. 気に入った家を借りたい!入居審査通過への5つのポイント

入居審査では本人の見た目や、職業、年齢、収入、保証人の有無など総合的に判断されます。フリーランスが入居審査に通過するためにおさえておきたいポイントは下記の5つです。この5点をおさえていれば、入居審査は通過すると一般的に言われているのでぜひ前もっておさえていただきたく思います。

3.1. 継続的に家賃を支払える収入があること

「収入」についてはもっとも審査で重視されるため、定期的に収入があることが望ましいです。そこで、フリーランスの方は先ほどご説明した「収入証明書」を提出して収入の有無を証明します。

判断基準として、1年分の家賃を手取り収入の30%以内で支払うことができれば基本的に審査は通ります。

たとえば、収入証明書より毎月の収入を概算してみると、
毎月の収入が20万円の場合、家賃は6万円以内(=20万円×0.3)が適切です。

逆に年間の家賃が収入の30%を超える場合は審査の通過が難しいため、審査に通るためにはあなたの収入に見合った家賃の物件を探しましょう。
※もし保証人の信用力が高い場合(公務員の方など)は審査に通過することがあります。

さらに、注意しておきたいことは3年以内のクレジットカードの履歴です。クレジットカードの支払に滞納がある場合、カード情報が審査対象の物件では、審査に通らないこともありますので、注意しましょう。また、クレジットカードの情報が審査対象ではない物件を不動産に紹介してもらいましょう。

参考 賃貸物件の入居審査|SBI不動産ガイド

3.2. 家賃滞納履歴がある場合は、ただちに清算すること

あなたが現在住んでいる家の家賃を以前に滞納したことがある場合は、家賃の支払いにリスクがあると思われるため入居審査の通過が厳しくなります。この場合、ただちにオーナーに相談し、過去の滞納分を清算をしましょう。清算が確認できれば、入居審査に通る可能性が上がります。

3.3. 本人・保証人の意思確認ができること

本人と保証人に入居の意思があるか必ず確認されます。基本的に電話などで不動産から保証人宛に連絡が来ます。保証人の応対なども審査の対象ですので、保証人の方に、保証人を引き受ける意思をしっかりと伝えてもらいましょう。
※もし保証人を頼める方がいない場合、保証機関に依頼することもできます。保証機関に関しては不動産仲介業者からご案内があるはずです。

3.4. オーナーの意向とマッチしていること

オーナーの意向と合わなければ審査の通過は難しいです。オーナの意向の中には子供不可・法人契約希望・ルームシェア不可・外国籍不可などと様々です。

物件によって特殊な制限などが設けられている場合があるので、賃貸物件を申し込みする前に確認をしておくと良いでしょう。また、入居審査を不動産ではなく家主が行う場合は、あなたの外見や言葉遣いなども審査の対象になることがあるため、第一印象を大切にしましょう。

3.5. 数多くの物件にあたること

物件によってはクレジットカードの信用情報や、保証人の収入などを審査対象にしない物件があります。フリーランスという事情・収入があるということを伝え、ひとつでも多くの物件にあたることが入居審査通過への近道です。

4. まとめ

フリーランスが家を借りる際にもっとも大切な条件は、

「安定した収入があって、家賃を継続して支払う余力がある」

ことです。これは、入居審査においても、賃貸契約においても重視されている条件なので、収入証明書の用意を必ずできるようにしましょう。このように、条件さえおさえていればフリーランスでも家を借りることができるのです。

pagetop