東京のIT/webフリーエンジニアの求人・案件なら「GEEK JOB フリーランス」

  • 2014.12.17
  • フリーランス

適切なタイミングを見極める!フリーランスになる前の退職届提出

業務委託の契約解除

フリーランスとして独立していくことを決めたなら、退職をすることになります。しかしこの退職もタイミングとどのように退職するのか、ということが大事なのです。人間というのは、いつどこで誰のお世話になるのかわからないものです。最後だからと言って、自分のタイミングややり方に固執するのではなく、相手のことを考えて行動しましょう

退職を言い出すタイミング

退職を決めたら近しいスタッフなどに話したい!と思うかもしれません。しかも挨拶などもあるので早ければ早い方がいいのでは?と思うかもしれません。でも実際はそうではありません。
適切なタイミングについてですが、まずは上司に退職の意思があることを話します。実際に退職をしたいと思っている時期の2週間から1か月ほど前に話しましょう。上司の了承を得たのであれば、そのタイミングでほかのスタッフなどに話すようにしましょう。退職の処理をするスタッフが知っていて、身近なスタッフが知らないのも変な話です。ここでしっかりと話をしておきましょう。
もしも上司に話す前にほかのスタッフに話してしまうと、その噂はすぐに広がってしまい上司の耳にも入ります。これでは上司の気分がいいものではありません。または気が変わって、退職を考え直すというケースも十分にあります。

退職届を出すのに適切なタイミングと方法

上司の了承を得たら、退職届・退職願の作成に移ります。上司への提出をすませ、担当部署が処理を行います。
退職は一緒に仕事をする人にも影響を与えるものです。そのために、しっかりとした方法を取り退職の意思表示を行っていきましょう。

これからにつなげるためにも

自分は退職するのだから、もうこの会社の人とは関係がないと言って、我が道を行く人もいます。しかし人生そのようなものではありません。たとえこれから先、関わることがなかったとしても人とのつながりは大切にしましょう。
決して石橋を燃やすようなことは避けましょう。どこでどう人はつながるかは未知だからです。お世話になった人から順に、挨拶をして感謝の言葉を述べるようにしましょう。気持ちよく退職して、新たなスタートをいい気持ちで迎えられるようにしましょう。
退職の決意をした時は、ここで紹介したことを思い出して適切な方法・タイミングで行うようにしましょう。フリーランスとして活躍していく上では、もっと他の人への心遣いというのは必要になります。退職の時から準備をしましょう。

pagetop