東京のIT/webフリーエンジニアの求人・案件なら「GEEK JOB フリーランス」

  • 2015.04.16
  • フリーランス

正社員とは違う!フリーランスならではの求められるスキル

フリーランスに求められるスキル

正社員からフリーランスへ変わると、求められるスキルも変わってきます。
今までは分担されていた役割も、一人で果たさなければいけません。
それでは、具体的にどのようなスキルが求められるようになるのでしょうか。

自己管理という簡単そうで難しいスキル

フリーランスに変わることで、当然のように自己管理が大切になります。
病気になれば、生活するお金は入ってきません。健康管理、時間管理は当たり前のようですが、意外と難しい問題です。
最初はメリハリをつけて働くことができても、慣れてきた頃に様々な誘惑と戦うことになります。
生活が出来てきたかなと思ったところからの成長が、一番難しいとよく言われます。
そして、自己管理は正社員でも同様ではあるのですが、すべて自己責任になる分、かかるプレッシャーは変わります。
クレーム処理や失敗したときのモチベーション維持、金額交渉など様々です。
会社でもやっていたことだから大丈夫だろうと思っても、会社の看板があるのか、個人として自己責任を負うのかで、
感じるダメージは全然違うので、強い意志が必要になります。それらすべてを含めて、自己管理はとても大切なスキルとなります。

幅広く求められるビジネススキル

フリーランスになると、特化した技術だけあれば良いというものではありません。
会社であれば分担されていたであろうスキルも必要になります。
例えば、次のようなスキルがないと、仕事の質は上がっていかないでしょう。

営業スキル

仕事を取ってくることも自分でしなければいけないため、営業に近いスキルが求められます。
提案時や受注後に必要な見積書の提出、請求書の発送といった業務スキルも必要になります。

コンサルティングスキル

顧客の問題点などを引き出し、解決方法を提案していくことも求められます。
さらに、仕事を円滑に進めていくためのフォローなど多岐に渡ります。

マネジメントスキル

正社員ではなくとも、プロジェクトに入る場合は、人材をまとめて進めていかなければいけないことがあります。
その場合、チームの育成や課題などに取り組むマネジメントスキルが求められます。

まとめ

フリーランスになって求められるスキルは、独自の強みというのはもちろんです。
さらに、自己管理や総合的なビジネススキルが求められるようになります。
経営の知識もないと、ビジネスとして成り立ちません。
正社員の頃と比べて、インプットしなければいけない情報量は格段に多くなるでしょう。
広い視点から、仕事を捉えていくことが大切です。

pagetop