東京のIT/webフリーエンジニアの求人・案件なら「GEEK JOB フリーランス」

  • 2015.03.18
  • フリーランス

定期的に仕事を獲得!フリーランスエンジニアが案件を探す3つの方法

フリーランスが案件を探す方法

フリーランスになると决めた時、一番気になるのがエンジニアとしての仕事はちゃんと手に入るかということではないでしょうか。今はインターネットを通して簡単に案件を見つけることが出来ます。フリーランスのエンジニアとしての案件の探し方にはいくつか方法があり、それぞれに長所短所があります。今回は、それらを分かりやすく解説します。

フリーランスエンジニア向け求人サイトを使う

もちろん、会社員時代からの付き合いがあるなどつてがある場合もあると思いますが、そうでない場合はフリーランスエンジニア向けの求人サイトを使うのが一般的です。エンジニアに特化した様々な求人を見ることが出来ます。週2日のみ働いたり、プロジェクトごとの案件だったりと、様々な求人案件を見ることが出来ます。仕事を選ぶことが出来るという面では大きく会社員時代と違いますが、面接があることが多いなど契約までの道のりはこれまでの転職活動などと近いかもしれません。一般的な転職サイトと同じく、サイトに登録しないと見ることの出来ない非公開案件などが多数あります。大手の企業とのマッチングもあるようです。

フリーランスのエージェントに登録する

企業とフリーランスエンジニア、双方が希望の条件を伝えることで案件をマッチングしてくれるエージェントもあります。プログラムを使っての自動的な、画一的なマッチングだけでなく、面談などを踏まえた上での人力のマッチングを得意にしているサービスなど、特色は様々です。フリーランスになる上で煩雑になる、請求書などの管理を代行してくれたり、福利厚生や共済制度を売りにしているエージェントもあります。仕事は自分で選びたいけれど、完全に独立して自分で営業をするのはまだ不安…仕事に集中したいというフリーエンジニアにはピッタリの仕事の選び方かもしれません。

クラウドワークのマッチングサイトを使う

フリーランスとして独立を考えているけれど、自分の力がどんなものかわからない、まずはクラウドワークを体験してみたい…と言う人には、無料で使うことの出来るクラウドワークのマッチングサイトを使うのもいいかもしれません。エンジニア以外の内職的な案件から、サイトやアプリ、プログラムの構築など取り扱っている案件は幅広く、腕試しに使う人も多いようです。完全にネット上でのマッチングであることが多いので、完全在宅での独立も可能になります。

フリーランスエンジニアになる以上、自分で責任持って案件を獲得する必要があります。しかし、自分の希望の働き方に合わせて様々な募集形態があるので、安心してください。まずは、独立を決める前にどんな案件があるか探してみるのもいいかもしれません。

pagetop