東京のIT/webフリーエンジニアの求人・案件なら「GEEK JOB フリーランス」

  • 2015.01.22
  • フリーランス

フリーランスエンジニアがおさえておきたい、営業で大切な3つのポイント

営業

フリーランスになってから初めて営業をするという人も多いかもしれません。
そこで、営業をする上でおさえておくべきポイントを3つご紹介します。

1.仕事を断る勇気

フリーランスとして営業を始めた時は、仕事が少なく、たくさんの仕事を請けがちです。
そして陥りやすいのがオーバーワークで、フリーランスとして納期が守れないというのは致命的なミスになりかねません。
また仕事を抱え過ぎて本来のパフォーマンスが発揮されないこともあり、それでは次の仕事に繋がりません。
そして一度離れてしまった顧客をもう一度引き戻すのは、新規で獲得していくよりも難度が上がります。

しかし、フリーランスで活動する上で複数の仕事を同時進行で請けるというのはとても大切なことです。
余程大きな仕事でない限り、1つの仕事だけに集中してこなしていては生活が成り立っていきません。

私は同時進行で請ける仕事は3つと設定して仕事を請けていました。この3つという数は人によって異なりますが自分のキャパシティを理解して、同時に請けられる仕事の数を設定することが大切です。
そして、そのためには仕事を断る勇気も必要になってきます。また、どうしても値引きを要求されることもありますが、
安い仕事は請けないと決めて、断ることも自分の仕事の価値を下げないための大切な決断です。

2.オリジナリティ

フリーランスとして営業をする上で、自分だけができる強みをアピールしなければいけません。
他の人と同じことができるということでは、新たな人に発注するにはリスクの方が大きくなります。
独自のスキルをアピールするのはとても効果的です。また人柄をアピールするのも1つのオリジナリティです。

何か他の人とは違う金額以外のアピールポイントを1つでも見つけるようにしましょう。
あなたと仕事を契約するメリットがあれば、安売りをしなくても仕事を請けられるようになります。
そのオリジナリティが見つけられないと、仕事を請けるためには金額で勝負するしかなくなります。
金額で請けた仕事は、また別の安いところが見つかったらそちらに流れていってしまいます。

3.人脈づくり

フリーランスにとっての営業で、人と会うというのは大切なポイントです。
フリーランスになったのにこんな事をしなくてはいけないのかと思うこともありますが、直接人と会って顔を合わせるというのは受発注においても重要です。そして自分のオリジナリティを見つけるためには、人脈をつくりながら情報収集をしていく必要があるからです。
また、1人ですべての作業、決断をしていると時にどれが正しいのか、正しくないのかの判断が分からなくなってくることがあります。
そんな時に業界の情報交換をできる人脈をつくっておくのも大切です。

教えてくれる人がいなくなると、基本だったことも疎かになってしまいがちです。
今までは分かっていたことも自分のやり方がスタンダードになっていきます。
営業をこれから始める人も、もう一度見つめなおす人も、3つのポイントを思い出して良い仕事を請けていきましょう。

pagetop