東京のIT/webフリーエンジニアの求人・案件なら「GEEK JOB フリーランス」

  • 2014.12.17
  • フリーランス

フリーランスにとって金の紙!得する領収書の活用法

領収書

フリーランスとして働くのあれば、領収書とは切っても切れない縁になることでしょう。ビジネスに関わる領収書は、経費として計上することができ大きな節税につながるからです。ではもっと詳しく見ていきましょう。

領収書は金券と心得る

フリーランスとして働く人にとっては、領収書は金券なのです。その理由は領収書の額の少なくとも15%の価値があるからです。仕事をしているすべての人は、税金を納める義務があります。しかしそんな税金も所得によって変化してきます。
ビジネスを持っている人であれば、仕事を行う上で生じた費用は経費として計上することができます。フリーランスなどの個人事業主には、収入に対してではなく収入から経費などを差し引いた額に対して税金がかけられます。そのために領主書を取っておき、費用として計上することで節税につながるのです。
領収書の額の15%ほどが、キャッシュバックされると思うと、領収書がかなりありがたい存在に思えるのではないでしょうか?

領収書は節税だけではなく、保険などの福祉費にも影響を与える

仕事を行う上で必要な費用を経費として計上することで、所得を下げることができ、それが節税につながります。しかしそれだけではありません。健康保険などは所得によって金額が変わってきます。そのため領収書を取っておき、経費で所得をコントロールすることで、健康保険代などに低く抑えることができるのです。

仕事のために使った経費はすべて落とす

仕事のために使った経費を把握するために、領収書は有効な手段です。1年間分の経費などをまとめて1度に申告するために、1年間分の経費などを覚えてはおけません。そこで証拠ともなり、ノート代わりにもなるのがレシートなどの領収書です。取引などを詳細に記録しているために、優秀なアイテムになります。
タダ覚えておきたいのが、経費として計上できるのは領収書などの形に残っているものだけではないということです。たとえば電車などの公共交通機関を利用した時などの交通費は、レシートな度で残ることはないでしょう。ではどうするのでしょうか?
領収書がなければ、自分で交通機関を利用したとする紙を作るのです。この方法でも堂々と経費として落とすことができます。つまり大事なことは、取引を証明できる書類を証拠として起こしておくかどうか?ということです。

手元に残せるお金を少しでも多くするために、領収書というのはとてもありがたい存在であると心得て、しっかりと保管していきましょう。

pagetop