東京のIT/webフリーエンジニアの求人・案件なら「GEEK JOB フリーランス」

  • 2015.02.04
  • フリーランス

フリーランスとして活躍するために!案件を見極める基準3つ

フリーランスが案件を選ぶ基準

フリーランスの醍醐味は、自分でやりたい仕事を選んで自分のペースで仕事ができることにあります。しかし、自由に選べることと引き換えに、どんな案件を選ぶか・仕事の依頼を継続して得られるかなどはすべて自分の責任になります。
今回は、フリーランスが案件を探すときに注意したいポイントを幾つかご紹介します。ご参考にしてみてください。

自分のやりたい仕事か

報酬、内容、スキルを見て自分のやりたい仕事かどうかを多角的に評価しましょう。エージェントから紹介頂く案件は多数ありますが、どれか一つに直ぐ決めてしまうのではなく、複数を見極めて一番自分にマッチしているものを選ぶことをオススメします。

具体的に案件を調べる前に、稼働時間や業務の場所、単価、内容などで自分が重視している項目についてあらかじめ優先度を決めておくと、スムーズに案件を決めることができます。

自分のキャリアアップに繋がるか

今の自分で簡単に取り組める案件に沢山応募するのもひとつの戦略ですが、フリーランスとして独立して活躍していくなら、スキルアップのために難案件にチャレンジしていくことも大切です。フリーランスにおいては、自分のキャリアプランも自分の選択で全て決まります。一つのスキルに特化して専門性をつけたり、様々な業界の仕事を経験することで幅広く技術を身につけたりと自分の特性に合ったスキルアップ方法を見つけ、それに合わせて案件を選びましょう。難しい案件ほど単価も高く、その分求められる責任も大きくなりますが、簡単な仕事では得られない様々な経験を積むことが出来ますので、ぜひ参画を検討してください。少しずつでもキャリアを積み重ねていくことで、数年後にはもっと大きな案件に挑戦できるようになるはずです。

相手先との関係は良好に築けそうか

フリーランスは自分で気楽に仕事ができるとはいえ、必ず仕事には相手というものが存在します。クライアントとの関係性も、仕事をスムーズに進める上で大切です。報酬が良ければ多少苦手な人とでも…と思う人も多いですが、長くお付き合いが続けられる相手と契約するほうが長期的に見てプラスになることもあります。特に、実際に出向して業務を行う必要のある案件の場合は、クライアントの社内の雰囲気なども重視しましょう。

いかがでしたか。フリーランスで長く活躍していくためには、一つ一つの案件の選び方が重要になってきます。最初は戸惑うことも多いかと思いますが、沢山の案件を見比べ、いろんな経験を積みながら自分なりの見つけ方を探っていってください。

pagetop