東京のIT/webフリーエンジニアの求人・案件なら「GEEK JOB フリーランス」

  • 2015.02.17
  • フリーランス

プログラマーとして独立へ!フリーランスになるために必要な準備まとめ

フリーランスプログラマーとして独立

会社に務めるプログラマーとしての経験が数年続くと、独立してフリーランスプログラマーとしてのキャリアに足を踏み出したい人も多いのでは。

会社員の場合は決められた範囲でしか給料が出ず、自分のやりたくない仕事もあり…と悩みも多いもの。フリーランスとして独立してしまえば、自分の好きな案件のプログラマーとして活躍でき、案件の報酬は全て自分のものです。

今回は独立を考えているプログラマーの方のために、フリーランスとして独立する際の疑問を簡単にまとめてみました。

特別な資格がなくてもフリーのプログラマーになることは出来る

会社を設立したり、特殊な資格を取得すること無くフリーランスとして独立できます。家を事務所としている人も多いので、まさに自宅で開業できるのがフリーランスプログラマーの強みです。独立すれば、通勤時間という無駄も省けます。

独立前・独立してすぐに準備しておきたいもの

名刺と事業用の口座・クレジットカードを早めに準備しておくことをオススメします。フリーランスは人脈が命。知り合った方にはどんどん配布していきましょう。

また、後々の経理作業を円滑に行うために事業用の口座とクレジットカードを別に準備しておきましょう。前述の開業届を提出することで、屋号を含めた銀行口座を解説することが出来ます。クレジットカードは会社員時代に作っておくほうが審査がスムーズかもしれません。

いよいよ独立ということで家具やオフィス用品も新調したいところですが、最初は資金繰りに不安があることも多いので収支が安定するまでは大きな買い物は控えたほうが良さそうです。

見積り・請求書・経理関係の仕組みづくりも重要

仕事を受託するためには、経理の仕事や請求書、見積もりの管理なども自分で行う必要があります。フォーマットや管理方法を、忙しくなる前に決めておきましょう。請求書や見積書の管理だけでなく、経理関係においても初心者でも使いやすいクラウドサービスがあるので、そういったものを比較して準備しておくこともオススメします。

フリーになったら開業届・年金・健康保険の手続きを忘れずに

自宅ですぐに開業できるとはいえ、税金や保険の関係で幾つか手続きが必要です。毎年の確定申告を除けば、開業届・健康保険の手続き・年金の手続きに大別できます。

1.開業届を税務署に提出する

独立を決めて事業を開業してから1ヶ月以内に税務署に届け出が必要な書類です。開業届を出すことで、屋号の決定もできます。また、青色申告承認申請書を提出しましょう。

2.役所で国保の加入と年金の手続きを行う

フリーランスになると、社会保険ではなく国民健康保険に加入する必要があります。また、厚生年金から国民年金への変更手続きも必要です。健康保険と年金、いずれの手続きも市町村の窓口で可能です。離職票など退職を証明する書類を持って向かいましょう。

以上が、プログラマーとして独立するために必要な準備です。少しでも、「独立」という考えが浮かんでいる方は事前にできるところだけでも準備しておくと良いかもしれません。

pagetop