東京のIT/webフリーエンジニアの求人・案件なら「GEEK JOB フリーランス」

  • 2015.06.29
  • フリーランス

独立する方必見!フリーランスプログラマとして必要なスキル

フリーランスプログラマ

フリーランスのプログラマーとして独立を考えている場合、独立前にどのようなスキルを身に付けておくべきなのでしょうか。フリーランスのプログラマーとして生計を立てていくためには、プログラミングができるだけではスキル不足となります。プログラミングができるだけのメンバーはフリーランスの方のように外部に委託する必要がなく、内部のリソースで対応することもできるのです。つまり、プログラミングの以外にも身に付けるべき重要なスキルがあると言えます。フリーランスのプログラマーとして求められるスキルを紹介します。

1.課題解決力が必要となる

プログラマーにとって、プログラミングを行えることは仕事の一部でしかないと言えます。重要なことは課題解決力になります。プログラミングは単独の機能だけでなく、他の機能との兼ね合いを含めて作り上げていかなくてはなりません。問題が発生した際にご自身の守備範囲だけでなく、他の範囲を含めて課題解決を図っていけるスキルが求められます。

2.コミュニケーション能力が必要となる

コミュニケーション能力は、仕事を取るため、仕事の遂行中共に必要なスキルとなります。前者は仕事を取るために、既存のお客様や新規のお客様に対して自分自身をアピールすることも大切となります。仕事の遂行中には、目の前にある自分の仕事だけをすればよいという状況でもありません。チームのメンバーに質問することや質問されることもありますし、チーム内での情報共有という観点からも良好なコミュニケーションが必要とされます。ここで良好なコミュニケーションとは、お客様、チーム内のメンバーから信頼されるための情報の発信・受信を行えることを指します。この能力は独立前に身に付けておく必要があります。コミュニケーション能力は、独立前に身に付けておきたいところです。

3.マネジメントスキルが必要となる

フリーランスになるとプログラミングスキルだけでなく、ご自身・一緒に働く人たちも含めてマネジメントスキルが必要となります。ご自身のことの例えとして、提案書の作成、お見積り書の作成、請求書の作成はもちろんのこと、仕事を受けて納品することによるお金の流れを把握することも必要となります。これらの内容ができていなければ、結果として、ご自身の信用を落としてしまい次の仕事が取れなくなってしまいます。
まとめ
プログラマーが独立前に身に付けておくべき主なスキルは、課題解決力、お客様やチームメンバーとの信頼関係を構築するためのコミュニケーションスキル、そして経営目線、ご自身のこと踏まえたマネジメントスキルとなります。

pagetop