東京のIT/webフリーエンジニアの求人・案件なら「GEEK JOB フリーランス」

  • 2015.01.21
  • フリーランス

フリーランスか、正社員での転職か、それぞれのメリット・デメリット

転職

フリーランスとして独立するか、正社員として転職するのか、どちらが向いているかはその人によって異なります。
それぞれにメリットがあり、デメリットがあるからです。しかし、それぞれ働き方も生活スタイルも大きく変わります。特にフリーランスになる前に理解しておくべき情報としていくつかポイントを挙げました。
自分の働き方を見つめ直してから将来の大切な選択をしましょう。

フリーランスとして独立することについてのメリット・デメリット


メリット

・自由に就業時間、休みを設定できる
・好きなことを仕事にできる
・社内の人間関係に悩む必要がない

デメリット

・収入が不安定
・保険料は全額自己負担
・孤独である
・すべて自己責任

フリーランスになった頃は仕事量や時間の設定も自分でできることに快適さを覚えるでしょう。
自分が得意なことを仕事にでき、働いた分だけ報酬は上がります。人によっては同年齢のサラリーマンより高額な報酬を受け取ることもできます。しかし、誰しもがそうかと言えばそうではありません。
自由の裏には、自己管理を怠ると仕事にならないという側面もあります。
働きだした頃は仕事とプライベートの境目がなくなるというのもよくある話です。
また、国民年金や国民健康保険などの保険料は自分で全額の負担をしなければいけません。
仕事のミスも上司が一緒に謝りに行ってくれるわけでもなく、すべて自己責任で行わなければいけません。
確定申告の大変さは最初に実感するフリーランスとしての苦労かもしれません。


正社員として転職するメリット・デメリット


メリット

・毎月定額の給料が入る
・保険料を半額負担
・税金の管理負担なし
・退職金がある


デメリット

・時間制限がある
・組織内での人間関係
・会社都合での転勤

なんと言っても毎月定額の給料が入るという安心感は生活や精神面を安定させます。
また、ずっと会社に所属していると気づかないことは保険料を会社が半額負担してくれているということです。
しかし、時間などの束縛は必ずあります。意図せぬ残業や転勤も会社都合で行われます。
また、会社内での人間関係の不満というのは少なからず誰しもが持っているものです。
より高額の報酬を受け取っていくには社内の出世競争にも勝ち上がっていかないといけないかもしれません。


このようにフリーランスとして独立、正社員として転職ことにはどちらもメリット・デメリットがあります。
実際にやってみないと実感できないこともあるので、一度挑戦してみるのもいいかもしれません。
フリーランスになったら会社員に戻れないというわけではありません。
しかし、よく事前に情報を頭に入れてから将来の選択をすることをお勧めします。

pagetop