東京のIT/webフリーエンジニアの求人・案件なら「GEEK JOB フリーランス」

  • 2015.01.15
  • フリーランス

フリーランスを目指す人必見!サラリーマン時代よりも手取りを残す方法

手取り

フリーランスになればサラリーマン時代よりも手取りが増えるのか否かが見えず、フリーランスとなることを悩んでいる方が多いと思います。今回はフリーランスとして手取りを増やすための”お金”に関わる2つの知っておくべきことをご紹介します。
フリーランスエンジニアとして独立した場合、サラリーマンよりも手取りが増えるのかについてですが、一定の契約を結ぶことができていれば、フリーランスの売上(一旦手元に入ってくるお金)はサラリーマンの月給よりも多くなる確率が高いと言えます。

一方でフリーランスの方は、売上から社会保険(健康保険や年金など)や税金(住民税、所得税など)を自分自身で納めなければなりませんし、顧客先までの交通費、文具・小物代などの諸経費も会社から支給されることがないため、サラリーマンより支出も多くなってきます。

フリーランスはサラリーマンよりも手取りを残すことができます

フリーランスになると手取りが増えるのかという問いは、発注元との契約内容や発注元の経営環境にも左右されるため非常に難しいのですが、個人の報酬(売上)から正しく節税を行うことで、サラリーマン時代よりも手取りを残すことは可能です。

一般的に同世代のサラリーマンと比較した場合、サラリーマンの年収の1.2~1.5倍の売上を得ることができれば、同等の手取りになってくると言われています。

月額で比べた場合は1.2~1.5倍でサラリーマンと同等となりますが、フリーランスにはボーナスや退職金がありませんので月々の収入は多く見えますが、将来の生活設計や老後資金のことを考えると、貯蓄や資産運用などはサラリーマンより厳密に考える必要があります。

フリーランスの手取りの計算方法を理解しましょう

売上から諸経費を差し引いたものが収入となり、その収入に対して所得税が掛かってきます。所得税を差し引いた額から社会保険や住民税を自らの手で支払うことになります。ここで残ってくるのがフリーランスにとっての手取りということになります。

確定申告で“節税”を行いましょう

フリーランスになると、納税のために毎年確定申告を行うことになります。この確定申告のタイミングで節税対策を行うか否かによって納税額は大きく変わってきます。

ここで重要なことは“脱税”と“節税”は異なるということです。“節税”は法の範囲内で税負担を減らすことであり、納税を不正行為によって行わない“脱税”のことではありません。所得税は収入(売上-諸経費)ですので、諸経費が多く計上されると収入部分が減ることになる為、所得税の負担を減らすことが可能です。諸経費は研修費用、セミナーへの参加、書籍などによる知識強化についても認められています。フリーランスとしてスキルアップを怠ってしまうと、技術革新の激しいIT業界において技術水準から取り残されることになりかねません。この部分については諸経費の一環となりますので削減することなく、自己投資するのが良いと考えています。

諸経費は自身の事業を充実、拡大させていくために資金を充てることになりますので健全な行為と言えます。このような工夫で手取りを残していくこともフリーランスにとっては重要な知識になります。

今回ご紹介した”お金”に関するポイントは、「手取りの計算方法を知っておくこと」とそれを押さえた上で「確定申告で節税を行う」ことでした。適切なお金の知識を持ち、手取りが残るように工夫しましょう。

pagetop