東京のIT/webフリーエンジニアの求人・案件なら「GEEK JOB フリーランス」

  • 2015.02.02
  • フリーランス

収入を伸ばしたい人必見!フリーランスとして年収アップさせるポイント2点

フリーランスの年収アップ

フリーランスとして働いているが、思っていたよりも年収が伸び悩んでいる方も多いと思います。そこで今回は年収をアップさせるために必要な武器をご紹介します。ここには2つのポイントがありますので、こちらを押さえていただくことで年収アップへの足掛かりになると思います。
年収を「年収=1案件の単価×案件数」と考えた場合、単価をアップさせるか、案件数を増やす必要があります。限られた時間の中で案件数を増やすことは非現実的と考えられます。

特に常駐型フリーランスであれば案件数を増やすことは休日や平日のプライベートの時間を削るほかありません。そのようなことになっては、働くスタイルの幅広さがメリットであるフリーランスの立場を選択したことの意味が薄れてしまいます。このように考えると、単価アップを狙うことが得策だと考えられます。それでは、単価アップを狙うための方法を2つご紹介したいと思います。

1.単価アップに必要な武器は「実績」

フリーランスが顧客と単価交渉を行う際、武器になるのはやはり“実績”になります。当然、顧客は“安く”、“品質が高い”成果物を求めます。そのような想いのある顧客にとって、一緒に働いたことのないフリーランスのエンジニアに対して高額な発注(契約)はリスクが高いと言えます。

そのため、初めて仕事をする時には自分自身の人間性や性格、仕事の進め方などを伝えられるようにすべきです。同じ仕事(プロジェクト)を通して継続的に必要だと認められたエンジニアは単価を引き上げてでもプロジェクトに引き留められることになります。顧客がフリーランスに発注に当たって、「有能なエンジニアを確保することが難しい」という課題を抱えています。

そのため、一度プロジェクトに入り込み、認められればそのプロジェクトを成功させるためには引き止めるのがプロジェクトマネージャーとして適切な判断になります。顧客から認められるためには、丁寧な仕事で品質が高い、言われた作業のみを行うのではなく、自らの意見を積極的に発言し続けていくことが重要だと考えています。

2.武器(実績)を積み重ねるための条件交渉はしっかりと

単価交渉で必要となる武器、“実績”を積むまでのことを考えたいと思います。“実績”を積むまでは低単価で仕事を請け負わなくてはならない訳ではありません。一方的に顧客の言い値を受入れ、一度契約してしまうと将来的にも買い叩かれるリスクがフリーランス側に発生します。それは避けなければなりません。

将来的にも低単価が続くと考えると仕事への熱意などが薄れてしまう可能性があります。それは顧客、フリーランス共によろしくない結果です。そのような事態を避けるために、はじめに低単価を受入れる条件をきちんと顧客と詰めることが重要だと考えています。

例えば、「契約する単価では8時間の労働のみ。残業が必要な事態があった場合は別途、残業代を請求させていただく。」やシステム開発などであれば、「合意した設計書についての開発を契約単価で行い、仕様変更が発生した場合には別途、請求させていただく」などを詰めておくと良いと思います。

まとめ


年収アップを狙うためには、フリーランスとしての実績を積み重ね、それを武器に顧客との契約交渉を行っていくことが重要となります。実績が少ない間も、安請け合いとならないよう契約条件を細かく設定することがポイントです。

pagetop