東京のIT/webフリーエンジニアの求人・案件なら「GEEK JOB フリーランス」

  • 2014.12.17
  • フリーランス

フリーランスとして自分にあった保険を見つける3つのポイント

保険

フリーランスとして働くことを決めた一方で、不安も多く抱えている人もいます。ある調査によると、フリーランスで働く人の不安な点として、7割が収入が安定しづらい、6割が病気や怪我に対する保障が少ないことを挙げています。そのような不安を和らげてくれるのが保険です。フリーランスの自分に合っている保険を見極めるために役立ついくつかのポイントをご紹介していきます。

会社員時代と違うところを保障したい

会社時代は会社が保証してくれるものもたくさんあり、安心して仕事を行うことができたことでしょう。たとえば、健康保険の中に傷病手当金などがあったかもしれません。この保障では給料の半分ほどが一定の期間、出されるというものです。これで安心してお金の心配をせずに治療に臨めていました。
しかしフリーランンスは完全に自分ですべての責任を負うために、そのような保証はありません。そこで有用となるのが、就業不能保険です。傷病手当金と似た役割を持っています。病気や怪我で長い間働けないときに、保証してくれるというものです。

家族のための保険を見つける

会社に勤めているのであれば退職金など、自分の身に何かあった時には対処できる大きな保証がありました。しかしフリーランスではそんな保証もないのです。でも家族をもしもの時のために備えさせてあげたい!という人におすすめは、定期死亡保険というものがあります。
割安な保険料で高額な死亡保障が得られる掛け捨ての死亡保険です。フリーランスとして収入が不安定の中で、ポイントとなるのは安く大きな保証が得られるということです。

もしもの病気のための保険を

重大な病気が見つかり、治療をしなくてはならなくなった!というケースも十分にありえます。この時には、治療費の心配をいつまでもしなくていいように、終身医療保険などがおすすめです。
フリーランスとして長く活躍をすることを望むのであれば、やはり長い目で見て保障を与えてくれるものがおすすめです。病気になる確率は加齢とともに高くなります。残念ながら今よりもわかるなる可能性は0%です。そのためにきちんと対策するなら、長生きした ときのことを想定して、生涯を保障してくれる終身医療保険型がおすすめなのです。

フリーランスとして不安な点を上手にカバーしてくれる保険で、備えをしましょう。会社員の時に受けていた保障で、自分があるといいなぁ!と思ったものを中心に探していくと自分に合った保険プランができることでしょう。

pagetop