東京のIT/webフリーエンジニアの求人・案件なら「GEEK JOB フリーランス」

  • 2015.07.13
  • フリーランス

フリーランスが業務委託ではたらく3つのメリットとデメリット

imasia_10124944_M

フリーランスが業務委託で働くことのメリットはスキル次第で高単価の仕事となること、作業時間に自由度が高いため、スケジューリングを行いやすいなどが挙げられます。今回はそれぞれについての具体的なメリットをご紹介させていただきます。

自由度の高い働き方ができる

業務委託契約の性質上、契約主からの指揮命令はありません。

つまり、契約期間内に想定していた成果物を納品することができれば問題ないということになります。

そのため、契約主とのセキュリティ担保やプロジェクトの進捗の制約はありますが、ご自身のペースで作業を行うことができます。1日に働く時間や休日についてもある程度自由度が高く、進捗に問題がなければ取得が可能となっています。

ご自身での進捗管理、体調管理、品質管理などに配慮する必要はありますが、自由度の高い働き方はフリーランスならではと言えます。

人間関係におけるストレスが少ない

業務委託の場合は、基本的に個人で作業を進めていくことになりますので、人間関係について悩みを抱える負担が少なくなります。

会社に勤めている時代は、上司や部下との人間関係に悩まされることが何かと多くありますが、そうしたストレスをなくせることは大きなメリットになります。

一方、昼休みや就業後に同僚や上司・部下との食事がストレス発散になるような方にとっては、少し寂しく感じるかもしれません。

スキル次第で高収入が得られる

業務委託で仕事を行っていく中でフリーランスとしてスキルアップしていくことが前提とはなりますが、契約主が求めるスキルを保有していることで高い収入を得るチャンスがあります。

ただし、ITエンジニアにとっての高収入な仕事は非常に倍率が高く、受注自体が困難であることも確かです。

受注の確率を高めていくためには、最新の技術動向などを把握しておくことが必要となります。

デメリットを知ったうえでメリットを評価する

フリーラントのITエンジニアとして1人で仕事をすることは、自由度が高い反面、同じ目標を持ったチームのメンバーと話すことがないので、孤独を不安に思う人もいるようです。

このような同じことでもデメリットと感じる人もいるため、ご自身がメリットと感じるのか、デメリットと感じるのかを評価した上で業務委託契約を結ぶか否かを判断していくことが肝要です。

pagetop