東京のIT/webフリーエンジニアの求人・案件なら「GEEK JOB フリーランス」

  • 2015.06.15
  • フリーランス

独立前の事前準備が肝心!フリーランスがやっておきたい4つのポイント

独立

フリーランスは会社にも縛られず自由に働くことが出来ますが、その分あらゆる責任を自分で負わねばなりません。今回は、フリーランスとして独立する前にやっておくべきポイントをまとめて紹介します。

退職前にやっておきたいお金関係の手続き

フリーランスは自由ですが、その分独立したては社会的信用が得にくいもの。経費精算をラクにするためにも、仕事用のクレジットカードを作っておくほうが便利です。会社員として定収入があるうちにクレジットカードを取得しておくことをオススメします。

社会保険の手続き

会社を退職した場合は、国民年金と健康保険の手続きを忘れずに行いましょう。健康保険については、退職して2年の間は任意で会社の加入していた保険を継続することも出来ます。それ以外は国民健康保険に加入することになります。国民健康保険・国民年金の手続きは、どちらも市町村の役場で可能です。退職したことが分かる書類(離職票など)をもって、まとめて手続きを行いましょう。

独立すると、厚生年金を納めることが出来ないため、将来の年金額は少なくなってしまいます。不安な場合は、国民年金基金などに加入するのもお勧めです。

税金関係の手続き

フリーランスとして独立したら、自分で税金を納める準備も始めます。事業を開始したら、税務署に「開業届」を提出しに行きましょう。確定申告の時に青色申告をするためには、同時に「青色申告承認申請書」も提出する必要があります。青色申告をすることで10万円か65万円の控除を受けられるというメリットがあるので、ぜひ行ってください。会計用のソフトも早めに準備して、こまめに記帳作業を行う癖を開業当初につけておくと、いざ申告前に焦ることはありません。今はクラウドで安価に使える会計ソフトもあるので、独立前後の比較的余力があるうちにこの辺りの勉強もしておきましょう。

開業準備として揃えておきたいもの

開業届を出すと、屋号での銀行口座を作ることが出来ます。仕事でのお金の動きを把握するためにも、仕事用の口座を作りましょう(確定申告作業も楽になります)。
自分を売り込むためにも、営業ツールとしてHPや名刺、印鑑を準備することも大切です。屋号がある場合は、それを含めた内容で作成しておきましょう。

また、スムーズに事業に取り組めるように、見積書・契約書等のひな形作成、ファックスやインターネットなど通信環境の整備といったハード面の準備も滞り無く行っておきましょう。

そして、一番大事なのが事業の計画をしっかり建てること。フリーランス1本で生きていくと决めたなら、経営者として事業計画を練って、どれだけの収入を確保すれば安定した生活が送れるのかをあらかじめシミュレーションしておきましょう。

個人事業主は、全て自分で行わなくてはなりません。スムーズにフリーランス生活を始めるためには、事前の準備が不可欠です。

pagetop