東京のIT/webフリーエンジニアの求人・案件なら「GEEK JOB フリーランス」

  • 2015.01.06
  • フリーランス

フリーランスになるのはメリットばかりじゃない!?デメリットも把握しておこう

デメリット

何をするでもそうですが、実際にやってみてわかることというのは、たくさんあります。憧れのフリーランスになって夢がかなったけれど、思ってもいないデメリットがでてきた!というのは、珍しいことではありまえん。そこでここでは実際にフリーランスになった人が、思ってもいないデメリットを抱えるようになったことを詳しく見ていきましょう。

デメリット1 収入が不安定になる

フリーランスになることで、収入が安定しないことには覚悟をきめていたものの、 個人事業主には有給休暇や労災保険が無いということまで考えていなかった人は意外と多いものです。突然の病気やケガで仕事ができない期間は、無収入になってしまい大変だったという声も少なくありません。
このデメリットは費用が発生しますが、労災保険に代わる保険に加入することでカバーできます。フリーランスになったら、保険への加入を忘れずに行わなければ直面するかもしれないデメリットです。

デメリット2 スキルアップの機会・時間の減少

スキルアップなどを会社員がするケースでは。会社がサポートしてくれることが多いです。 充実した研修制度などを持っている会社も少なくありません。しかし、フリーランスになると自分で行わなければならなくなります。
時間の問題もありスキルアップがついつい後手に回ることが多々です。

デメリット3 金銭感覚のマヒ

会社員だった時代と比べてフリーランスになると、収入が増えることが多いです。また会社員の時には、ボーナスというものがあった分、月々の収入は少なくなってしました。しかしフリーランスになると、月々の収入が断然増える可能性が高いのです。特に若い人は、金銭感覚が狂ってしまうことがあります。いつ仕事がなくなるかわからないために、しっかりと気を引き締めていなければ金銭感覚のマヒに陥ります。

デメリット4 有給休暇が無い

フリーランスは、有給休暇は基本ありません。働いた分だけ、報酬につながります。もちろん長いスパンでのプロジェクトなどの仕事を持っているならば、問題はないかもしれません。
ただ、夏休みやお正月休みなどの長期休暇になる場合は、収入の減額になるケースがあります。有給休暇がないということは、思わぬところで痛手となることもあります。

メリットもたくさんあるフリーランスですが、独立する前にしっかりとデメリットに関しても知っておきたいものです。事前に準備することで対応することができるものもあります。しっかりとデメリットについて知るようにしてください。

pagetop