東京のIT/webフリーエンジニアの求人・案件なら「GEEK JOB フリーランス」

  • 2015.07.01
  • フリーランス

フリーランスエンジニアがおさえておくべき案件の探し方

フリーランスの案件探し

フリーランスのエンジニアとして独立した時、一番不安になるのは「仕事(案件)を獲得できるのか?」ということです。フリーランスが案件を探す方法はいくつかあります。それぞれにポイントが異なりますので、フリーランスエンジニアにとって案件の探し方とそれぞれのポイントを紹介します。

知人の伝手で案件を紹介してもらう

これはフリーランス自身の信頼で勝ち取る案件だと言っても過言ではありません。エンジニアを募集しているプロジェクトや職場を知人や友人から紹介してもらうという方法です。フリーランスにとって、人脈はとても大切になります。しかもこういった具合で仕事を紹介してくれる知人や友人は非常に心強い存在です。ただし、気をつけなければいけないのは、知人や友人からの紹介ということで価格交渉が行いにくくなってしまうことや契約内容が曖昧になってしまうことです。知人や友人の伝手とは言え、安請け合いになってしまわないようにしっかりと交渉は行うことが求められます。契約についても後々トラブルとならないためには最初の段階で適切な処理をすることが大切になります。

自らWeb上で案件を探す

フリーランスエンジニアの多くがここに当てはまってくるのではないでしょうか。Web上で案件を探す場合にも大きく2つの方法があります。1つめはクラウドソーシングを利用して探すパターンと、2つめエージェントが抱えている案件をWEB上で探すパターンがあります。前者の特徴は幅広い案件を取り揃えているため案件が豊富にありますが、低単価の案件が多いこともあります。後者はフリーランス自身の専門性の強みを活かした案件を探しやすくなっています。例えば、Webサイトの構築を専門とするエンジニアであれば、Web系エンジニアを求める案件に特化したものを取り扱っているエージェントのWebサイトを探してみることになります。

エージェントと契約する

エージェントと契約し、介することで最新の市場動向などの情報を得ることもできますし、フリーランスの方が希望にマッチングする案件を紹介してもらうことができます。また、フリーランスとしてのキャリア面でも相談に乗ってもらうことができるため、独立したての頃には心強い存在になるかもしれません。エージェントの特徴は、Web上に公開されていない非公開案件を抱えていることが多いため、エージェントに登録するとそういった非公開案件も紹介してもらえるようになります。

pagetop