東京のIT/webフリーエンジニアの求人・案件なら「GEEK JOB フリーランス」

  • 2015.01.13
  • フリーランス

フリーランスエンジニアを目指す方必見!現場で活躍するための2つのポイント

活躍

フリーランスとして働いてみたいと考えた時、事前に知っておくべきことは何でしょうか?

わからなくて不安になる必要はありません。まずは今回ご紹介する「活躍するための方法・考え方」を2つご紹介し、少しでもフリーランスとして働くことへの不安を解消したいと思います。

フリーランスになる前にやっておくべきこと

自分自身がフリーランスに向いているか否かを確認してください。
フリーランスになる前にやっておくべきこととして、自分自身がフリーランスに向いているか否かを把握しておくことが重要となります。

フリーランスは会社や上司・部下と共に働くのではなく独立して自分自身のスキルで働いていくことになります。その点において、仕事のQCD(品質:Quality、コスト:Cost、納期:Delivery)に対して自己管理を行えることが必須の能力となります。

エンジニアとして独立することを考えると、システム開発などのプロジェクト内において、タスクや依頼を受けてのプログラミングなどが考えられます。いずれにおいても自分一人で納期のある仕事をしていくことには変わりありません。

納期を遵守しながら依頼元が想定している品質に仕上げることは顧客との信頼関係を築く上で重要なポイントとなります。顧客に対して納期遵守と品質担保を行えるかどうかがポイントです。

コストについては、フリーランスとしてのお金の管理を指しています。自分自身の売上の中から、経費、年金、保険、税金などを支払った上で確定申告を行わないといけません。このあたりのお金の流れを事前に知っておくことが重要となります。

フリーランスとして長期的に働いていくために知っておくべきこと

顧客との信頼関係が絶対的に重要です。
フリーランスにとっての顧客は2通りあります。

1つは自分自身への発注元、もう1つはシステム構築などにおけるプロジェクト発注元(自分自身への発注元に対して発注している企業など)になります。これらの2通りの顧客が求めていることを押さえ、適切な会話を成立させるためには時事ネタや市場動向などは押さえておくべきです。

長期的に働くということは、経営環境、経済環境、技術環境などの変化に自身のスキルを対応させていくことが重要となります。

そのような観点から、仕事に関する情報、最新の情報にアンテナを常に張り、市場ニーズや動向を把握しておくことが必要となります。また当然のことながら、フリーランスとして関心の高い仕事は必ず存在しています。

いつ、誰から希望している案件を依頼されるかはわかりません。いつ依頼されてもよいように小さな案件であった場合でも手を抜くことなく、精一杯のスキル・経験を発揮し、顧客との信頼関係を長期的に築いていくことが重要です。

今回ご紹介した2つのポイントは、「フリーランスはセルフマネジメントが重要であること」、「環境の変化自信を適応させていくことが長期的に大切」ということでした。まずはこの2点を意識していただくことでフリーランスと活躍していく第一歩になると思います。

pagetop