東京のIT/webフリーエンジニアの求人・案件なら「GEEK JOB フリーランス」

  • 2015.05.07
  • フリーランス

将来を見据えて働こう!ITエンジニアとしてのキャリアパス

エンジニアのキャリアパス

ITの進化と共にITエンジニアの需要は高まり、キャリアの築き方が変わりつつあります。
将来の働き方を考える上で、キャリアプランを練ることは、とても重要です。
日々の業務に追われ、キャリアプランについて明確なビジョンがまだないという人もいるのではないでしょうか。
これからキャリアパスを描いていく中で、考えられる選択肢についてご紹介します。

プロジェクトマネジャーを目指すキャリアパス

今までは、エンジニアの多くが目指すキャリアパスは、プロジェクトマネジャーを目指すことでした。
そのためにマネジメントの能力をつけて、プロジェクトメンバーを率いるスキルが求められます。
上流工程に携わるため、コミュニケーション能力や業務管理も必要になってきます。
エンジニアとして、何年かかけて中核スキルを学び、その後プロジェクトマネジャーになるという流れです。
今も多くの人材が求められていて、需要の高い職種です。

ITコンサルタントを目指すキャリアパス

ITの専門知識を活かし、ITコンサルタントとして経営の課題解決のサポートをするという選択肢もあります。
コンサルタントはITの知識と同じくらいビジネス、顧客に対する経営の知識が求められます。
顧客の経営改善を行うため、プレゼン力や提案力、ロジカルシンキングが必要になります。
知識と技術だけでは成り立たない職種であるため、実践で経験を積むことも大切です。

専門を極めるプロフェッショナル

今までは専門性を突き詰めたプロフェッショナルとプロジェクトマネジャーでは、市場価値に違いがありました。
しかし、どんどん新しいサービスが出てくる中で、専門職の評価が上がりつつあります。
まだ、今は二つの職種に差がありますが、今後もっと評価され、キャリアパスとして十分考えられる選択肢になるでしょう。
技術者にとって、そのまま技術を極めて、キャリアアップが出来つつあるということです。
今後プロフェッショナルとしてキャリアのゴールを設定する人も多くなってくるでしょう。

キャリアパスの見極め

ITの高度化に伴い、キャリアパスも多様化しつつあります。
故に、自分のキャリアプランを頭の中で描いておくということは重要になります。
求められる能力や知識も変わってきます。常にアンテナを張って、市場の状況を把握しておかないといけません。
スキルや職種も変わりつつあります。どのような人材がこれから求められるようになるのかを知っておかないと、
キャリアパスの実現はできません。その上で、どの方向を目指すのか見極めなければいけません。

まとめ

従来のキャリアパスは、プロジェクトマネジャーを目指すことが王道であり、テクニカルな場合はコンサルタントという道が
ありました。しかし、今は専門性の高いプロフェッショナルの需要も高まりつつあります。
キャリアパスを見極めるために、市場動向を知り、今後求められる人材を把握しておかなければいけません。

pagetop