東京のIT/webフリーエンジニアの求人・案件なら「GEEK JOB フリーランス」

案件を探してもらう(無料)

絞り込み

言語

報酬

分野

ポジション

キーワード

新着案件一覧

新着案件をもっと見る

新着記事一覧

  • 2015.11.11
  • フリーランス

フリーランスになる前に絶対覚えておくべき所得税の算出方法

フリーランス所得税

  • 2015.10.13
  • フリーランス

フリーランスとして活動の幅を広げられる「屋号」のメリット

フリーランス 屋号

  • 2015.10.06
  • フリーランス

フリーランスが知っておきたい!選ばれるための履歴書の書き方2つ

フリーランスの履歴書

新着記事をもっと見る

フリーランス完全マニュアル

週2日からの案件特集

LAMPの求人・案件一覧

10件の求人案件が見つかりました

10件中  1件~6

掲載している案件はほんの一部です。

非公開案件についてはお打ち合わせの際にご紹介させて頂きます。

案件探しに迷ったら当社のコンサルタントにご相談ください

LAMP

LAMPとはWebアプリケーションを構築する上で、オープンソースソフトを組み合わせた際の頭文字からなる造語です。それぞれ“L”はOSのLinux、“A”はWebサーバのApache HTTP Server、“M”はデータベースのMySQL、“P”はプログラミング言語のPerl、PHP、Pythonとなっています。この造語は1998年にドイツのコンピュータ雑誌であるC'tにてM. Kunzeが提唱したのが起源となっています。データベース連動型のWebアプリケーションを開発する上で、必要なものはOS、Webサーバ、データベース、スクリプト言語となっています。これらの領域で現在、定番と言われ、好評なオープンソースソフトがLinux、Apache HTTP Server、MySQL、Perlなどの組み合わせとなっています。LAMPによってOS、サーバ、データベース、スクリプト言語の4要素が揃えば、データベースを連携させた高度なWebアプリケーションを構築することができます。また、いずれもオープンソースソフトウェアとして無償で提供されているため、無償で開発や運用を行うことができます。これらの機能はLAMPとして組み合わせるために開発されたモノではなく、それぞれが独自に開発されてきました。LAMPの特徴は、動的なウェブコンテンツを含むウェブサイトを構築するのに適していることです。また、データベースについてはMySQLではなくPostgreSQLを組み合わせて使用する場合もあり、その場合はLAPPということもあります。

pagetop